お金のあり方が変わる~仮想通貨の魅力と可能性について

ビットコインとパソコン

どうも、マサキです。

今回は、仮想通貨を持つことの魅力と可能性についての話です。

私が仮想通貨に興味を持ち始めたのは至ってつい最近のことです。

以前から「かそうつうか」という単語自体は知っていたのですが、それが一体どういったものなのか皆目知らなかったし興味もありませんでした。

そんな私が仮想通貨に興味を持った理由は、ビットコインの価値が急騰して世間で騒がれだしていたことも勿論あるのですが、それ以上に世の中の「お金」のあり方が急速に変化しようとしていると感じたからです。

そして、仮想通貨についての知識を調べるうちに、その魅力と可能性に引き込まれていきました。

仮想通貨の魅力と可能性とは何なのか?それではご覧ください。

[リップルor現金1万円が全員もらえる!]

世界一分かりやすいブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

お金=国が発行する通貨という常識が覆された

これまでは、お金というのは国が発行して銀行が管理するという仕組みが当たり前でした。

それが近年になって、トークンエコノミーや仮想通貨の登場により中央機関に管理されない通貨というのが流通されるようになりました。

これによって世界中で価値の共通する通貨を持てるようになったのです。

例えると、日本円や米ドルはそもそもの価値が異なっているし、発行しているそれぞれの国でしか使うことができないのが常識です。

しかし、仮想通貨なら国や地域の隔たりがなく、パソコンやスマホがあれば国内でも海外でもお金を使うことができます。

もちろん課題も多くあって、中国では人民元(中国の法定通貨)への不安から、所有するお金をすべてビットコインに替えるということが相次いだために、仮想通貨の取引をすべて禁止にするという規制をかけました。

日本では大手取引所のコインチェックがハッキングされ540億円ものNEMが流出するという事件がつい最近ありましたね。

しかし、こういった様々な問題を抱えつつも改善と進化をとげながら、今後もビットコインをはじめとする仮想通貨の市場規模は拡大していくと考えられます。

法定通貨のリスクヘッジとして

銀行にお金を預けていると物価の上昇と共にお金の価値は下がっていきます。

例えば、銀行口座に100万円の貯金をしたとすると、もし10年後に物価が平均5%上昇した場合、100万円×5%=5万円の価値を失ったことになってしまいます。

しかし、仮に仮想通貨の価値が今後も上昇するならば、銀行に預ける以外に仮想通貨にお金を替えておくことでリスクヘッジになる可能性もあります。

もし、日本でハイパーインフレなどが起こった場合にも仮想通貨は影響を受けません。

むしろ仮想通貨の時価相場は上昇する可能性の方が高いです。

今後、法整備が整って税制も優遇されるならば、こういった法定通貨のリスクヘッジにも仮想通貨は強いといえます。

革新的なITテクノロジーを体感できる

仮想通貨の決済システムであるブロックチェーン技術はインターネットの普及以来の革新的なテクノロジーだと言われています。

インターネットが普及したことで国境を越えてあらゆる情報を閲覧できるようになり、たとえ地球の裏側に住んでいる人同士でも一瞬で情報のやり取りが可能になりました。

仮想通貨もこのインターネットの特性を利用することで、世界中の人やサービスと一瞬のうちに通貨のやり取りができてしまいます。

しかも、ブロックチェーン技術によってコスト(手数料など)低く抑えられるというのも素晴らしい点ですね。

仮想通貨の知識を学習する楽しさ

仮想通貨には1000以上の種類があると言われていて、それぞれの通貨によって生まれた経緯や特性など様々です。

自分が所有する、もしくは購入しようとしている通貨の詳しい情報を知ることで仮想通貨の深い知識が得られます。

また、ブロックチェーンやマイニングなど専門的なIT知識は知れば知るほど奥が深く、理解できたときの達成感というか征服感は何とも言えないものがあります。

仮想通貨の歴史はまだまだ浅く、その分詳しい知識を持っている人も少ないのが現状です。

仮想通貨の知識に詳しくなることで周囲から一目置かれるかもしれませんね。

まとめ

以上、仮想通貨の魅力と可能性について私が感じたことを書いてみました。

私のような40過ぎのミドルエイジにとって、世の中の新しい事物を受け入れて自分の中で消化するというのは中々難しいものです。

しかし、仮想通貨をはじめとするトークンエコノミーの仕組みは意外と簡単なものです。

(株や為替などに比べるとよほど敷居が低いです)

ぜひ楽しみながら仮想通貨について理解しておくことをおすすめします。